--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.11.29

「生もとのどぶ 20BY 仕込15号 +9.5」

遅くなりましたが、どぶ、20BY仕込15号。
飲みました。



生もとどぶ 20BY 仕込15号 +9.5」

 ○ 冷や(常温)
・上澄み
果実の香り。巨峰とか。
味わいも果実っぽくて、オ?となる。
これまで呑んだどぶとはちょっと違う。
すばしっこい感じの酸が心地よい。
・濁り
いつものまったりとした香りの奥にやはり果実香。
甘味が直線的に入ってきて爽やかな旨味をもつ酸が広がり、奥行きを感じる。
旨い。
ちょっとした果実酒と言われると信じそう。


 ○ ぬる燗(40度)
・上澄み
柔らかで優しさのある旨さが広がって好印象。
ピチピチとした感の酸があって元気。
・濁り
まったりとした口当たり。
これといった特徴は無いかと思わせながら、後口にやはり果実味が残って、オォ?となる。


 ○ 上燗(45度)
・上澄み
旨味と酸味をギュッとつめた、丸みのある粒が走る。旨い。
・濁り
酸味が形を帯びて主張を始める。


 ○ 熱燗(50度)
・上澄み
ふくらみが出て立体的に。
良くなったが、加温の幅としてはもうそれほど上げれない印象がある。
・濁り
こちらもふくらみが出て明確に良くなった。
酸の下支えが活きている。


 ○ 飛び切り燗(55度)
・上澄み
あれ?これ旨いやん。
誰だ、加温の幅があまり無いとか言ったのは。
統一感がすばらしい。

・濁り
熱燗時と大きく違わない。ふくらみがあって良い。


 ○ 60度
・濁り
ここまで上げても全く問題ない。
70度くらいまで上げても対応できそう。



P1050269-1.jpg



“フルーティー”とは無縁の果実味を楽しめます。

3000円也。
よろしゅうおたの申します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 店舗名 : 野村屋本店
■ 店舗住所 : 〒295-0011 千葉県南房総市千倉町北朝夷212
■ 店舗URL : http://nomuraya.shop-pro.jp/
■ メールアドレス : shop@nomuraya.shop-pro.jp
 (@マークを全角にしていますので、半角に直してください。)
 (もしくは右カラム内にあるメールフォームからどうぞ。)
■ 電話 : 0470-44-0007

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事


この記事へのトラックバックURL
http://nomurayasake.blog74.fc2.com/tb.php/471-2f6fc9d8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。