--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.06.29

魚市場

酒屋の仕事と何か。
僕が京都のタキモトでバイトを始めてから現在に至るまで、その概念は着実に変化していってます。
昔はただお酒を売ることでした。
できれば僕が美味しいと思ったお酒を買ってもらいたい、飲んでもらいたいという程度。
今はもう少し発展して、お酒を美味しく飲んでもらいたい。
そのための手伝いをすること。
美味しく、楽しく飲んでもらうためのプロデュースが酒屋の仕事かなと思ってます。
ちょっとかっこつけすぎですが・・・。
だから日本酒に限らず、ビールでも焼酎でもワインでも、美味しく飲んでもらいたいし、そのためにいろいろと勉強しているつもりです。

今日はその一環。
公私共に深い付き合いをさせてもらってる浜の郷の小西さんに館山の魚市場に連れて行ってもらいました。
itiba.jpg

日本酒は料理との相性が他のアルコール類に比べて幅広いお酒だと言われるし、僕もそう思います。
けれどもともと日本酒はそれぞれの地域の特性にあった味わいになっています。
千葉の房総の酒は房総の食材に合う酒質。
長野の山の中の酒は長野の山の食材に合う酒質。
この千倉町は海の幸が観光の目玉にもなっている町。
ならば、房総の海のものも知らないでは、その日の食材に合わせたお酒を自信持って勧められないと思います。
だったら僕は知っているのか、と問われれば黙るしかありません。
だから勉強勉強。

というわけで今日は朝7時過ぎに浜の郷に。
小西さんの運転で館山まで。
魚市場は想像していたのとはちょっと違って、港ではなく、少しはなれたバイパス沿いの交通の便のいいところにありました。
そしてテレビで築地が出てくるとやっているように、セリをしているわけでもない。
値段は事前に決まっているとの事です。
そして地物はもちろん、築地からのものなど、全国各地から送られていました。
今日は風が強かったので地物は少なかったよう。
050628.jpg

(もっと強くなると漁はもちろん中止。全くあがらないこともあるそうです)
それでも金目のキロ1200円もするような、上物も出てました。
浜の郷さんが金目や鱧なんかを仕入れる様子を後ろからチョロチョロ見学。
正直なところ、わからないことだらけで、何から聞いていいのやらという状態・・・。
そんな状態を知ってか知らずか、小西さんがいろいろと教えてくれて、なんとかおおまかな流れをつかんだ気にはなりました。

やはり魚の名前も何も知らないでは、お話にならないなぁと改めて実感。
もっと勉強せねばと思いました。
週に一度は顔を出して、魚の名前から時季からすべて覚えていこうと、決意です!!
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。