--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.09.27

再度

ようやく風邪から復帰(ってもっと以前から復帰してましたが・・・)。
日本酒の棚を再度、模様替えしました。
前回は手前の机を。
今回は後の棚を全面的に。

以前から変えたいと思っていたんですが、じゃあどんな棚にすればいいのか、イメージがわきませんでした。
けれど新潟から帰ってきて、とにかく現状維持の状態から脱却しようと思い、模様替えに着手。
やってみたら、我ながら案外よくできたように思います (^^ゞ
これまで都道府県別だったのを、全部味わい別に。
「華やか」「軽やか」「ふくよか旨口」「濃醇」の四つに分類しました。
八海山のように有名銘柄だけは独立。
結局大半のお客さんにとっては、多くの銘柄を並べてもわからないという観念ばかりが強く働くということにようやく気づいたので、こういう形にしてみました。

例えば「浦霞」ひとつをとっても、純米、辛口、本仕込み、で置く場所を変えました。
「想天坊」「越乃景虎」は今は手前の机に並べているけれど、いずれ浦霞同様お酒の酒質ごとに分けて並べようと思っています。
日本酒の食前酒コーナーもたった3酒類ですがそれらしく囲って、「ファンタジー」や「あ、不思議なお酒」なんかで、まとめてみました。
この試みがうまくいくかどうかはわかりませんが、少しでも日本酒を手にしやすい環境にしていこうと思います。
売れないと嘆いてばかりおれません。
やれるだけの事はきっちりこなさねば。

お詫び m(_ _)m
新潟蔵元探訪は、近いうちにアップすることにします。
すいませんです。
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。