--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.10.07

嗜好品といえども

友人Kさんが友人Nさんを連れてお店にやってきてくれました。
Nさんはこれから日本酒を飲んでいこうとしていると聞いて、選ぶ側としても熱が入ります。
これまでは銘柄は気にせず飲んでいたとのこと。
旨口タイプのお酒が好みということで「黒牛 純米」「酒一筋 ひやおろし」をお薦め。
値段も加味して「酒一筋」の方をチョイスされました。
その後も日本酒談義に華が咲き、楽しい時間をすごさせてもらいました。

これから日本酒を飲もうという人にお酒を薦めるのはけっこうプレッシャーもありますが、楽しいものです。
酒屋に勤めてて良かったと思う瞬間の一つですね。
やっぱり気になるのは感想。
「旨かった」「いまいち」「もっと薫り高いのを」
いい意見も厳しい意見も、何よりも僕やこの店を成長させてくれるものです。
お酒はあくまで嗜好品。
それでもやはり「旨かった」と言ってもらえるように、がんばっていきます!
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。