--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.06.10

金賞受賞酒

香りよりも味わい重視の僕としては珍しく、大吟醸を飲みました。
それも金賞受賞酒。
福祝を醸す藤平酒造さんが、先だって行なわれた全国新酒鑑評会で見事!金賞を受賞されました。
その鑑評会に出品したお酒と同じタンクのものが、720mlで6本だけ入荷。
これまで金賞受賞酒は1~2回しか飲んだことがなかったので、試してみることに。

「福祝 特吟」
さすがに香りが立ちます。
甘くやさしい香りで、嫌みはありません。
口当たりはとても甘く、そしてキリッとした酸があって少々驚かされます。
とてもきれいで、さすがに均整のとれた姿をしています。
豊かな含み香が、僕にとっては少々きついところ。
一杯飲めば、満足できるお酒だと思います。

飲み屋さんで出すとしたらいくらが適当かなと、ちょっと考えてしまいました(笑)。
やはり驚いたのは、キリッとした酸。
金賞受賞酒のイメージが変わったかもしれません(いい意味で)。
来週にはこの藤平酒造さんに行く予定。
今から楽しみです。
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。