--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.09.24

「睡龍 生もと純米18BY」なんだかんだで睡龍はこれですわ。

先日お伝えしていた「生もとのどぶ20BY」と「睡龍 生もと純米18BY」。
http://nomuraya.blog.drecom.jp/archive/415
http://nomuraya.blog.drecom.jp/archive/419

「睡龍 生もと純米18BY」もきいたんでアップしてみる。



 ○ 冷や(常温)
コクのある香りだが鼻につかずスッと抜ける。
口に含むとまず渋さ、そして硬さが目立つ。
それ以外に特にこれといった特徴を見出せない。

 ○ 上燗(45度)
一瞬柔らかな甘味が感じ取れて「?」となるが、すぐに旨味たっぷりの酸が広がり、余韻まで続いていく。
まだまだ押しの強さがあり、温度を上げられる。

 ○ 熱燗(50度)
捌けの良い旨さがブワッと広がる。
後切れは驚くほどあっさりしていて、盃を重ねたくなる。

 ○ 飛び切り燗(55度)
爽快な旨さとともに、酸味が出現。
新たな味わいを見せてくれる。
この酸が出るって事は、まだ加熱できる余地がありそう。


 ○ 60度
悪くない。
悪くないが、熱すぎて味を見れない。


 総評

なんだかんだ言っても、睡龍のイチオシは生もと純米に決まり。
そう思わされるだけの力をビシビシ感じるお酒。
僕程度が表現できるモノなんざ高が知れてます。
百聞は一飲みに如かず。



p1040368-2.jpg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お知らせ
9月26日から29日まで。
当ブログ&ホームページを運営する木曽が、お酒のイベントや蔵見学などで不在にします。
そのため、ホームページ上での一切の対応(受注対応、返信メールなど)が出来ません。
申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

当ブログはケータイから更新するかもしれません。
しないかもしれません。 あしからず。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 店舗名 : 野村屋本店
■ 店舗住所 : 〒295-0011 千葉県南房総市千倉町北朝夷212
■ 店舗URL : http://nomuraya.shop-pro.jp/
■ メールアドレス : shop@nomuraya.shop-pro.jp
 (@マークを全角にしていますので、半角に直してください。)
■ 電話 : 0470-44-0007

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。