--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.07.17

利き酒、考え中 2

「●● 純米酒 19BY」

・常温
甘くふんわりした香りが立ち上る。メロンや甘栗。思ったよりも香りはある。
アタックは柔らかいが、軽く転がすうちにキレが出てくる。
酸味と旨味のバランスが良く、燗が楽しみになる。
後口に辛さが残って食中酒として活きるのは間違いない。
グビグビ飲みたくなる。
キレるなぁ。味があってキレる。
若干の渋さもあって、これから日にちが経つ中での変化が楽しみだ。

・ぬる燗(40℃)
甘辛酸味の混然一体。それぞれが刺激しあっている。
お米の旨さを感じられる。

・上燗(45℃)
やや酸の立つ香りがあるも、統一感は感じられる。


今はぬる燗でゆるゆると飲むのが良さそう。






こないだの「純米吟醸中取り生酒」の純米酒規格です。


年内に取り扱いできるように動いてみようと考えています。










ヒントは・・・


・東北です。





・純の字。
p1020952.jpg










これでわかったら、すごい。


関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。