--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.10.18

山形銘酒、「鯉川」。新規取り扱いが決まりました!

過日、こんなことを書いていました。

利き酒、考え中
http://nomuraya.blog.drecom.jp/daily/200807/04



さらにはこちらも。

利き酒、考え中 2
http://nomuraya.blog.drecom.jp/daily/200807/17






正解はこちらでした。








p1030133.jpg



山形県の穀倉地帯、庄内にある鯉川酒造さんのお酒、「鯉川」です。







うちのお店には長らく東北のお酒で力を入れている銘柄がありませんでした。



早い話、僕自身の好みのお酒が見つからなかったからです。



香りだけのお酒はイヤ、きれいなだけのお酒もイヤ。






けれど、とある試飲会でのこと。

この「鯉川」に出会い、そのきれいで穏やかなお米の味わいに驚かされました。


そしてさらにはそのコストパフォーマンス。

純米酒の一升瓶で2100円という破格の値段。

そしてこの純米酒が旨いんだ、また。


きれいな吟醸香を持っていて、それが全く嫌味じゃない。





それもそのはず。

この純米酒、60%精米なんですよ。


むろん磨いたからって良いお酒になるわけではなく、きちんとした造りが必要になってくるわけですが、その点はお酒を飲めばすぐにわかります。






旨いんやから。










もちろん僕が気に入る以上は、お燗で美味しくなければ話になりません。

そして人肌から慎重に温めていくと、これがちゃんと燗上がりしてくれます。




これ、ほんまに旨いです。






「酒は純米、燗ならなお良し」(故上原浩先生)


酒造界では有名な言葉の一つですが、その言葉を実感させてくれるお酒の一つに挙げられるが、この「鯉川」です。









冷やでも美味しい。



燗ならなお美味しい。




とてもわかりやすいお酒です。








p1030121.jpg

純米酒   2100円 / 1050円



p1030124.jpg

純米吟醸酒   2650円


p1030129.jpg

純米吟醸酒 中取り生   2650円 / 1370円



p1030128.jpg

純米吟醸酒 出羽燦々   2650円 / 1370円



p1030125.jpg

純米吟醸酒 亀治好日    3150円









各種、入荷しました。

一度ぜひ、試してみてください。
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。