--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.10.28

鯉川 純米吟醸中取り生酒




今晩の晩酌は・・・。









p1030145.jpg






「鯉川 純米吟醸中取り生酒」




定番の純米吟醸酒の生酒です。

「中取り」とは、タンクの中の一番味乗りしている部分を詰めたもの。


つまるところ美味しいってことです。




生酒なんで冷たいまま飲んでもらえばいいんですが、僕はまぁ冷たいままでは飲まないです。



 雪冷え (冷蔵管理)

穏やかできれいな香り。青りんごとかの爽やか系。美味しい。最初の一口は甘が目立つけれど、旨さと酸がからみあっている。むちゃくちゃきめ細かいのに驚かされる。若干の荒さと渋もお燗いけそう。しかし旨いな。このままクイクイ呑みそう。


 常 温

ムハーって感じです。冷たいときとはものが違ってる。開いてきた。


 人 肌 (37℃)

ムフーと鼻から通る旨さ。酸がしっかりと感じられるようになって旨さ広がる。そしてダレない。


 ぬる燗 (42℃)

旨ウマ。
軽く生老ね香が出てきたけれど、不快感を感じるほどではない。
しかし温度の上げ幅としてはここまで。
上燗まで上げると味が飛びそう。




冷たいお酒が好きな人は、冷たいままで。

お燗が好きな人は、人肌まででどうぞ。
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。