--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.03.26

「鯉川 鉄人うすにごり」入荷!・・・か?

「鯉川 鉄人うすにごり」入荷しました。
確かに入荷しました。

が、ちと問題が。


お蔵からの手紙が添えられていました。

*********************************

・・・(略)
さて、酒蔵からのお願いですが、酒が落ち着いたころに出荷したいと考えておりましたが、その後のビン詰めスケジュールなどから、早めに出荷させていただきました。
やや荒い酒質で届いている場合もありますので、店内常温で数日程度、酒を休ませていただければ幸いです。
開栓時に酒がやや若めの味を感じますが、少し空気に触れると、まろやかな味わいになります。
(略)・・・

*********************************


店内常温で数日程度、酒を休ませる。

了解です。


ただ、数日とはいえ、何日休ませるのか・・・。





これは飲まへん事にはわからへんなぁ・・・。



てなわけで・・・。


p1030500-2.jpg







役得役得(笑)。



○ 冷や(20℃)

若々しい麹香がふわりと広がる。
若いなぁ。
酒自体の辛さとうすにごりからの甘さが合わさるはずが、今はまだそれぞれの主張がうるさい。

○ 人肌から試す予定が、お燗つけすぎて上燗(45℃)に

麹香はだいぶおさまる。
グッと統一感が増す。
辛さと酸が前面に押し出されて、全体を引き締めた印象。

○ ややぬるくなって来て、人肌(37℃)

上燗よりも優しくなって、鯉川としての味を見るならこの温度。
ほのかな吟味も感じ取れる。
とはいえ、まぁしかし若いなぁ。
もう少し奥行きが出てくるまでにはもう少し時間がほしいところ。

このまま常温放置して1~2週間かけて飲んでいけば、印象もだいぶ変わってきそう。





てなわけで、決めました。
うちの店では4日後、3月30日から正式に売り出します。

それ以前にほしいとおっしゃる方。
お蔵の話をさせていただいた上でお売りしますので、声をかけてもらえればと。
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。