--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.04.10

まだ残ってました。

だいぶ暖かくなってきました。

南房総ではもう一週間ほど前からツバメが飛び始めています。
僕もこのところTシャツ一枚の日々・・・。



さてさて、この時期はいろいろ利き酒も増えるので、晩酌のスピードも必然的に遅くなるわけです。


そんなわけで、鯉川鉄人うすにごり。

開栓15日目です。


 「冷や」 

吟香、麹香、清清しさのある香り。
まったりした口当たり。
うすにごりの甘さが酒によく絡んでいる。
そのおかげで一層、酒が辛く感じ取れて、食中酒向き。
若さや渋さも見え隠れしている。
アルコールの高さはさほど気にならなくなったか。


 人肌燗 

まったりまったり。
でも後口にはアルコール感が。
もう少し温度上げたい。


 ぬる燗 

香りをほとんど感じなくなった。
まったりした統一感。
冷やでは酒とうすにごりは別々やったのが統一される。
吟味も感じ取れて「あぁ、鯉川やなぁ」と思える味わい。


 上燗~飛び切り燗 

上燗くらいならまだ良いんですが飛び切り燗までいくと、上あごにスーっとアルコールが抜けるような感覚があって、あんまりお薦めしません。
鯉川の味わいを楽しみたいなら、ぬる燗でどうぞ。



ってなところでした。


まぁしかし開栓当初に感じたとおり、少し日数をかけて飲んだほうが楽しめるお酒やってのがはっきりしたかなと思います。


まだ一升瓶、四合瓶ともに在庫あります。
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。