--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.05.27

サンプル

たまにお付き合いしている蔵元からサンプルが送られてきます。

基本、自腹で買ってコメント書くんで、むちゃくちゃありがたいです。

まぁしかし晩酌分は買うことになるんで、大して変わらないんですが(笑)。


p1030605.jpg




鯉川さんからサンプル。

「鯉川 純米酒 阿波山田錦100% 60%精米」



「あれ?鯉川さんが阿波山田錦?」と思ったあなたはよくわかってらっしゃる。

そう、鯉川さんは基本、山形の庄内地方のお米のみでの酒造りを目指してはる蔵元です。

と同時に、鯉川さんは将来的に全量純米酒を目指してはります。

全量純米酒と言えば、こちら。

全量純米酒を目指す会
http://www.zenryojunmaikura.jp/


鯉川さんもこの会に参加されています。

この会でのオリジナル酒として阿波山田錦を使ったお酒を醸されたのが、こちらの商品です。


実はもう少し前にこの商品の生原酒をサンプルでもらっていたのですが、火入れするともっと良くなりそうやなぁ、と感じたので取っていませんでした。

で、その火入れができたというわけです。




○ 花冷え

山田錦らしい華やかな香り。
微かにハッカの様にスッと抜けるような香りもある。

口に含むと濃厚な旨さ。
押しが強く主張がある。
山田錦の持つ旨さがきれいに引き出されていて、さすがは鯉川さん。
後味も良好でキレも良い。
新酒の荒さはほとんど感じ取れない。
生原酒時よりもはっきりと良くなった。


○ 人肌

旨味、酸味が押し出されて酒が若く感じる。
荒いが旨くもある。


○ ぬる燗
まだ若いままだがグッとまとまった。
美味。


○ 上燗
温度が高いらしく味が閉じてしまう。
この状態では楽しめない。


冷やしても良いですし、ぬるい目のお燗で楽しめます。

阿波山田錦は際立って評価の高い酒米で、さすがの旨さ。
60%精米でこの味が出せるってのはやっぱりお米ですね。

そこに鯉川さんのきれいな酸が加わって、いやぁ、ほんま旨いです。



6月頭に入荷予定。

僕自身、晩酌に買うことになりますね、これは(笑)。


一升瓶 3150円

よろしくです。



 
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。