--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.06.15

しのぶれど




  しのぶれど

   いろにでりけり

    わが恋は




配達中、前を走る紺色の車の後部に、この上の句が白字で書いてありました。





うーん。

すごいなぁ。

勇気ありますね。

僕にはちょっと真似できない。





この歌、もちろん百人一首の中の一首です。

百人一首の中でも有名な部類に入るのではないかと。





下の句、すぐに出ます?






僕ですか?


僕は大学で日本文学を専攻してたんで・・・。






意味はわかりますよね。

「しのぶ」は「忍ぶ」「隠す」ってところかな。

「いろ」は「色」、「顔、表情」ですね。


現代語訳すると「隠していたけれど、顔に出ていたのか、私の恋は」といった感じでしょうか。






と、ここまで解っていながら・・・




出ませんでした、下の句   (ーー;)








いや、専門は近現代やったし、と言い訳してみる。




はぁ・・・。






しかしわからんというのはショックでした。



たまには読み返さないといけないですね。








というわけで正解は、






  ものや思ふと

    人の問ふまで








 
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。