--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.06.19

風力発電について考えませんか?

千倉町に、電力発電のための風車を10基建てる計画が進んでいるようです。


電力発電のための風車というと聞こえは良く、実際クリーンエネルギーとして捉えてらっしゃる方も大勢おられると思います。



かく言う僕も、その一人でした。

千倉にしても、僕が住む白浜にしても、風はハンパじゃないだけにこれが利用できれば良いのにと。



しかし話を聞くにつけて、どうやら事は簡単ではないという事がわかってきました。



以下、問題点を書き連ねていますが、大事な事やと思うんで最後までお付き合いくださればと。




◆ 騒音

モーター音、風切り音など耳に聞こえる音が24時間鳴り響くことになります。
これは通常、200~300m離れれば、冷蔵庫程度の騒音にまで緩和されます。

さらに問題となるのが、聴こえにくい音、あるいは聴こえない音(低周波音・超低周波音)です。
この低周波音は人には聴きづらい、または聴こえませんが、「遠方まで届く」「壁を突き抜ける」「低いほうに流れ、スミを漂う性質」などの特徴があります。
それによって「眠れない」「身体が揺れている感覚が続く」「血圧が上がる」などの症状が、すでに風車が建設されている場所で起きています。
この症状は人によって異なりますが、風車から3km程度の範囲内で起こっています。
千倉の建設予定地から3km以内の地区は、北は千倉町の忽戸・岡瀬田から、南は白浜町の下沢、さらに館山市の畑も含まれることになります。


◆ 耐用年数

風車は耐用年数が17年だそうです。
これを長いと思うか短いと思うかは人によって違うと思います。
ただ問題となるのは、風車の素材はリサイクルできないそうです。
現在のところはゴミとして焼却するしかないわけで、これが果たしてエコとつながるのかというのは考えるべきだと思います。


◆ 景観への影響

今回千倉町に計画されている風車は高さが135mと、風車の中でも最大級の大きさを誇るものです(日本最大の観覧車が高さ120m前後)。
そして風車の設置場所はより効率的に風を受けるために、必ず尾根筋に設置されます。
千倉の花畑から山を見ると、とんでもなく大きな10基の風車が回っているというのは少々異様な光景に思えます。


◆ 自然への影響

高さが135m、羽の長さが約50mのものを尾根筋に運ぶために、新たに幅の広い道路を作ることになります。
また建設予定地は白浜を流れる長尾川の上流にあたり、工事に伴う土砂の流入が考えられます。
完成後も川に流れ込む水量の変化が予想され、アワビやイセエビなどの海産物への影響が心配されます。
他にもバードストライクと呼ばれる野鳥が風車にぶつかって死ぬ例が、各地で出ています(野鳥は視力が人間ほど良くない)。


◆ 千倉町のイメージアップに繋がるのか

これは一企業の事業として行われるもので、市町村が行うものではありません。
企業は得られた電力を東電に売却するわけであって、その電力の行き先はわかりません。
風車を回しているからと言って、千倉町や南房総市がエコロジーに取り組んでいる証にはなりません。
風車が並んでいるのを見て「この町はクリーンエネルギーを実践していて偉いなぁ」と思う3~4日前の僕のような存在に対しても、説明がつかない事だと思います。





このほかにも、費用の問題や、安定した電力供給ではない点など、風力発電には多くの問題が伴うことがはっきりしています。

これほど問題が多いとは露ほどにも知らず、なんとなくクリーンなイメージを持っていたというのは恥ずかしい限りでした。




最後に一番の問題として、この風力発電の計画をほとんどの方が知らない、知らされていないというのが、大きな問題だと思います。



僕自身もつい3~4日前に知ったばかりです。


風力発電の建設には国から補助金がでる仕組みがあって、その条件の一つに「地域住民の同意を得る」ことが義務づけられています。
しかしながら、実際には地域の方々にはこの様な風車による課題はほとんど伝えられていません。
同じ町内でありながら、風車が立つ計画があることすら知らない人の方が多いと思います。


このブログを読まれた方、千倉町内外に関わらずぜひとも周りの方に知らせていただければと思います。

まずは知らないことには是非とも言えないハズ。




このブログでも、新しい情報が入ればできる限りアップして行こうと思います。

ミクシィの会員の方は、下記のコミュニティを見ていただければ流れがわかると思います。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4357803





最後に、上記は風力発電の問題ばかりをあげつらいましたが、そうした問題点をクリアしていけるのであれば、一つのエネルギー供給の形としてメリットもあると思います。

ウィキペディアの風力発電のページに、詳しくまとめてありますので、気になった方はご参照いただければと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/風力発電





よろしくお願いします。

 
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。