--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.03.30

鉄人にごりは4日で化ける!

p1030516-2.jpg




告知していた通り、正式に売り出し始めています。



よろしくです。








うちの家のは開栓してからすでに今日で4日目(室温放置)。



このお酒は時間かければ印象が変わってくるやろなぁと思っていたけど、化けてきましたよ。



○ 冷や(室温)

麹香はおさまって、吟香がしてくる。
味わいの調和が取れている。
開栓したてはバラバラやったのが、一気に良くなった。
瑞々しい美味しさ、まったりした旨さ。
その両方を同時に味わえる。
美味い。

まだ飲み終わりにかけてアルコールの高さ(と言っても16.3%ですが)を感じる。
この辺も今後調和が取れてくるのか、様子を見たい。

でも様子を見れるほど自制がきくのか、はなはだ疑問・・・。







と言ってるそばから、これからお燗つけて晩酌モードに入ります(笑)。


2週間後くらいに味わいの変化をアップしてなければ、

「あぁ、飲んじゃったのね」ということで・・・。
スポンサーサイト

2009.03.27

鉄人にごり  追記

鉄人にごりの追記です。


肝心の値段を書くのを忘れてました(笑)。

1.8L 2830円
720ml 1590円

1升瓶の方がずいぶんお得ですね。




あ、それとこの「鉄人にごり」。


知ってる方は知ってはると思いますが、全国的にけっこう人気あります。


当店でもらったのは一升瓶12本、四合瓶12本のみ。

売切れ次第終了となりますので、よろしくです。



取り置きをご希望の方は電話いただくか、ホームページのお問い合わせページからメールを送ってもらえれば、お受けします。

お問い合わせページはこちら
https://secure.shop-pro.jp/?mode=inq&shop_id=PA01060420


2009.03.26

「鯉川 鉄人うすにごり」入荷!・・・か?

「鯉川 鉄人うすにごり」入荷しました。
確かに入荷しました。

が、ちと問題が。


お蔵からの手紙が添えられていました。

*********************************

・・・(略)
さて、酒蔵からのお願いですが、酒が落ち着いたころに出荷したいと考えておりましたが、その後のビン詰めスケジュールなどから、早めに出荷させていただきました。
やや荒い酒質で届いている場合もありますので、店内常温で数日程度、酒を休ませていただければ幸いです。
開栓時に酒がやや若めの味を感じますが、少し空気に触れると、まろやかな味わいになります。
(略)・・・

*********************************


店内常温で数日程度、酒を休ませる。

了解です。


ただ、数日とはいえ、何日休ませるのか・・・。





これは飲まへん事にはわからへんなぁ・・・。



てなわけで・・・。


p1030500-2.jpg







役得役得(笑)。



○ 冷や(20℃)

若々しい麹香がふわりと広がる。
若いなぁ。
酒自体の辛さとうすにごりからの甘さが合わさるはずが、今はまだそれぞれの主張がうるさい。

○ 人肌から試す予定が、お燗つけすぎて上燗(45℃)に

麹香はだいぶおさまる。
グッと統一感が増す。
辛さと酸が前面に押し出されて、全体を引き締めた印象。

○ ややぬるくなって来て、人肌(37℃)

上燗よりも優しくなって、鯉川としての味を見るならこの温度。
ほのかな吟味も感じ取れる。
とはいえ、まぁしかし若いなぁ。
もう少し奥行きが出てくるまでにはもう少し時間がほしいところ。

このまま常温放置して1~2週間かけて飲んでいけば、印象もだいぶ変わってきそう。





てなわけで、決めました。
うちの店では4日後、3月30日から正式に売り出します。

それ以前にほしいとおっしゃる方。
お蔵の話をさせていただいた上でお売りしますので、声をかけてもらえればと。

2009.03.17

発見

先日、友人の結婚式で三重県の松阪に行ってきました。


思った以上に早く着いたので、ちょこっと観光。


p1030414-2.jpg




p1030419-2.jpg




けっこう立派な城跡でした。


城の中に江戸中期の国学者、本居宣長の記念館。


学生時分に曲りなりに日本文学を専攻していた身としては立ち寄っておくべきかなと。



久しぶりに源氏物語とか古事記とかに触れてきました。







結婚式を終えて次の日、久保本家さんのところへ。


p1030485-2.jpg




いろいろと話しをさせてもらったのですが、一つおもしろいものを発見。



それがこちら。



1234605823_cl.jpg



おかわりのんdeぽ庵
http://kc.kodansha.co.jp/content/top.php/1000004390





おぉ、なんだこりゃ。

と思ったら、居酒屋の漫画で、日本酒がいろいろ出てくるらしい。

久保本家さんの「生もとのどぶ」も2巻に登場するそうです。






気になるけれど、ちょっと本屋に買いに行く勇気は無いなぁ(笑)。






 

Posted at 20:43 | 蔵見学 |
2009.03.06

鯉川続きですが・・・


久しぶりに本降りの雨。


けっこう濡れました・・・。






家に帰って、さて、何を飲もうか。


真っ先に浮かんだのが、鯉川さんの純米でした。


p1030401.jpg


明確に40~43℃というラインがあるので、あまり温度を上げすぎないように注意して、お燗。



ふぅ。

ようやっと人心地ついたな、といったところ。





庄内は余目に位置する鯉川さん。

先の「おくりびと」のアカデミー賞受賞で、庄内に行く観光のお客さんが増えているそうです。



もひとつ鯉川さんから。

今月末ごろに鉄人のにごりが出ます。

なんのこっちゃ?と思われる方も多いとは思いますが、まぁお楽しみに。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。