--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.01.29

外飲み・・・浜の郷さん

先日、浜の郷さんに外飲みに行きました。

p1020405.jpg


千倉警察の2軒隣。

  落ち着いた雰囲気です。


p1020406.jpg



  土日祝日の昼間は、観光のお客さんで大混雑する繁盛店。


 夜であればだいぶゆっくり出来るんで、行くのであれば夜がオススメ。




   この日はホウボウday。


         いいのがありますよ、と板長の小西さん。

p1020414.jpg



           年も近いので公私共に親しくさせてもらっています。








  時に、ホウボウってご存知ですか?










           こんな魚。

p1020341.jpg





   青く光るヒレで海底を這う少し変わった魚。





        あっさりした味で僕はけっこう好きです。







 手が空いているということで、一匹使っていろいろやってもらえました。


  まずはお刺身。

p1020343.jpg



「これと比べてどうですか?」と4日熟成のものも試させてもらいました(写真のものは3日熟成)。

4日目のほうが味は乗っていましたが、香りは3日目のほうが良かったな。



  塩焼き。

p1020348.jpg




  幽庵焼き。

p1020351.jpg




  頭と骨。

p1020345.jpg




   ちょっとはしたないですが、しゃぶりたくなる美味しいさ。









  お酒は初霞の特別純米をお燗で。










         カワハギももらいました。



p1020352.jpg






    手前のピンクっぽいドロッとした感じの物が肝なんですが、これが美味かった。




 そのまま食べるんでもいいんですが、刺身に少し乗せて食べると絶品。





      カワハギってこんなに美味しかったのかと、見直しました(笑)。





   これは普通の溜り醤油と、土佐醤油、ポン酢とで食べ比べ。










 とにかくこの日は暇だったようで・・・、喜んでいいんだか・・・。







              充実した飲みでした。








 普段はもちろん忙しくしたはることが多いんで、こんなにかまってもらえませんが、通ううちに親しくなれば、色々してもらえるのではないかと。







浜の郷さんのホームページはこちら(地図もあります)。
http://gourmet.gyao.jp/0001076644/







スポンサーサイト

Posted at 19:14 | 外飲み |
2008.01.25

SL

 寒かったりポカポカやったり、晴れてたり雪降ったり。



   お身体、ご自愛ください。




 SL(千倉駅にて)
p1020397.jpg

p1020398.jpg

p1020399.jpg

p1020400.jpg

p1020401.jpg

  あ・・・、
p1020402.jpg

p1020403.jpg





        動いているものを撮るのは難しい・・・。






Posted at 22:43 | 南房総小景 |
2008.01.22

夕日





          大島に沈む夕日。





p1020332.jpg









                            配達の帰りの光景。










以上。














Posted at 21:57 | 南房総小景 |
2008.01.19



    寒かったですね。





p1020358.jpg







  こんなに雪が降るとは思いませんでした。











 でも寒いほうが好きです。

















                         お燗が美味しい(笑)。












Posted at 00:12 | 南房総小景 |
2008.01.16

大事なお話し・・・開栓について

今日は久しぶりに晴れましたね。


朝の鮮烈な空気が気持ちよかったです。






気になるニュースが一件。



日本酒の生のにごり酒で「開栓時に栓が飛んで怪我をした」という事故が全国で何件か寄せられているようです。

新聞各紙に注意する記事が載っており、ネットで調べてみたら下記のページがヒットしました。



国民生活センターのホームページ内、報道発表資料
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20071226_3.html





酒屋としては、記事が出ているのを知った以上、通り過ぎるわけにはいかへんなぁと。




実際、日本酒の開栓時に栓が飛ぶことはあります。


スパークリングワインのようにポンッと栓が飛び、お酒が溢れ出します。

可能性だけを言うのであれば、一度も火入れをされていない生酒は、全てその可能性があります。

瓶内で醗酵が起こってしまえば(実際にはその可能性は極めて低いですが)、炭酸ガスが瓶内にたまり、開栓時に出口を求めて一気に噴き出すことになり、栓が飛びます。



記事の中では「生のにごり酒」と「生の中汲み」が挙げられていました。

しかし生のにごりはともかく、中汲みは必ずしも正確だとは思えません。

搾りの際の用語に以下のものがあります。
最初に出てくるフレッシュな「あらばしり」。
最も酒質が安定しており旨いとされる「中取り」。
圧を充分にかけてもろみからお酒を搾り出す「攻め」。

中汲みとはおそらくこの「中取り」のことをさしているのではないかと思います。
(蔵によって使っている言葉が違うため、判断に迷いますが。)
そしてその中取りが、栓が飛ぶほどに炭酸ガスがたまりやすいかと言われれば、答えはNoです。


むしろ「活性生酒」や「直詰(じかづめ)」と表示されたお酒にこそ、注意が必要だと思われます。

これらのお酒は瓶内で酵母ないし酵素が働いている可能性があるので、開栓には充分な注意が必要です。




しかし・・・。

日本酒の世界はほんまにわかりにくいです。

ここまで挙げてきた用語自体、日本酒になじみのない方は到底知りえない言葉ですし。

だいたい蔵によって使っている言葉が違うってどないやねん、と思いますが、それがまかり通っているのが、日本酒の世界のおかしなところです。

そうゆうわかりにくさが、事故の一翼を担っていると思います。






さて、肝心の解決策ですが・・・。



○お店の人に確認する

これが一番です。
どこのお店であろうと、にごりの活性酒や直詰のお酒を置いてはるようなお店では、きちんとした商品知識を持った店員さんがやはるはずです。
店員さんに聞いても要領を得ない場合は、そうゆうお店では買わない方がいいと思います。

うちの店は果たして・・・。
きちんと伝わるように、努力、改善していきます。



○予兆を見逃さない

ガスがたまっているようなお酒の場合、開栓する時、サイダーの栓を開けるときと同様に、開けようと力を加えると瓶の底のほうからシュワーっと泡が立ち上ってきます。

それを見た瞬間、また閉めなおして下さい。
おさまるのをじっくり待って、また力を入れます。
するとまた上ってくるので、また閉めなおします。

これを繰り返すことで徐々にガスが抜けて、最後には普通に開栓できます。



○きちんと冷やす

当たり前のようですが、生酒は冷蔵庫で管理してください。
20~30分だからと言って、つまみを用意するために、室温で放置するのも止めて下さい。
危険性が高まります。

開栓する直前まで、冷蔵庫。
これが基本です。




上記3点を守るだけで、事故は無くなると思います。








最後に一つ。


そもそも、そんなお酒があるから・・・という感想を持たれた方もいるかもしれません。


全くもってその通りではあるんですが、そんな方にこそ、「活性生酒」や「直詰め」のお酒を飲んでもらいたいと思います。


今でこそ僕も、熟成したお酒、完全醗酵させたお酒をお燗つけて飲むことを好んでいますが、かつてはやはり、フレッシュな生酒の旨さに打ちのめされていた頃がありました。

買う酒、買う酒、全て生酒という時期が。

そこには酒蔵でしか飲めなかった、ピチピチした生まれたてのお酒の姿があり(けしてオーバーな表現ではありません)、舌の上で弾ける旨さに魅了、まさに魅了されました。



この旨さは飲んでもらわないと、絶対にわかりません。


日本酒に対する一般的なマイナスイメージを180度変えてくれるとしたら、それは「活性生酒」や「直詰め」のお酒に他ならないという考えを、僕は今でも少なからず持っています。




日本酒というアルコール飲料を飲んだことがない人、良いイメージを持っていない人、飲んだけれど美味しくなかったという人。






誰にでもわかりやすい、美味しい日本酒、ここにあります。









Posted at 00:25 | 未分類 |
2008.01.10

冷やして旨い「初霞」があった

このお酒が入ってきたのは、12月上旬のこと。

   しかしながら、僕は案内をしてきませんでした。


            ある一つのことを確かめたかったが為です。





p1020339.jpg




「初霞 純米無ろ過生原酒」

   1.8L 2500円       720ml 1250円











        確かめたかったのは些細なこと。







12月上旬、蔵からの連絡を受けて、とりあえず1升瓶だけを1ケースもらうことにしました。



                初霞です。




                         ならば常温以上。












   そんな思い込みが、確かに僕の中にありました。












       しかし。











                その思い込みは所詮、思い込みでした。










初霞さんと取り引きを始めさしてもらって、初めてのことだと思います。




「初霞 純米無ろ過生原酒」

   1.8L 2500円       720ml 1250円



          冷蔵庫に入れてください。



                             抜群です。





p1020337.jpg





        ほんまに旨いです。



              生原酒の観念が変わること間違いなし。














そもそも初霞さんで、この「無ろ過生原酒」ラベルが貼られるのは、新酒のみ。





    “じゃあ冷やすのは当たり前やん”






  てな声が聞こえてきそうですが、このお酒、18BYです。




           “18BY”、わかりやすく言いますと、一昨年の新酒ってことです。







         一昨年の新酒を蔵で冷蔵保管。






                   飲み頃になったので出荷、という運び。










                                 なんとまぁ気の長いことで。






   そんなわけで、新酒らしい硬さとは無縁のお酒です。





          もちろん僕が飲むんですから、燗をしないわけがない。







      しかしながら、むれたような香りが出るので、このお酒に限ってはお薦めしません。



            冷やして飲んでもらいたい「初霞」。




      うーん。



              なんて珍しい。



                   そしてなんて旨い。












   ちなみに飲むのには冷やしてもらうのをお薦めしますが、保管するのに室温はかまいません。




        1ヶ月ほど室温で試していますが、まるで問題なく、旨いです。







   1升瓶だけの案内ではもったいない、と思って新年明けて仕入れた四合瓶。








            冷やして旨い「初霞」。







                       どうぞお試しください。
















2008.01.05

クイズの回答


     先だっての八海山クイズの回答。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


?「八海山」は新潟生まれのお酒。新潟といえばお酒はもちろん、米どころとして有名です。さて「八海山」の原料となる米には、おいしいことで有名な新潟コシヒカリが使われている?

A.使っている       ○ B.使っていない

 ■■■ 食べて美味しいお米と、お酒になって美味しいお米は違うんです。


?「八海山」の銘柄の由来である、霊峰八海山の標高は?

○ A.1778m        B.3776m


?「八海山」の仕込み水は、通称なんと呼ばれている?

○ A.雷電様の清水       B.雷神様の清水

 ■■■ ちなみに僕はBだと思っていました (^^ゞ


?「八海山」の蔵元は旧南魚沼郡六日町にあります。ここには坂戸城跡がありますが、何と言う戦国武将ゆかりの城だった?

○ A.上杉謙信         B.上杉鷹山


?新潟県で日本酒を造っている蔵元は、現在何蔵ある?(ちなみに千葉県は46蔵ほど)

A.千葉の1.5倍、73蔵ある  ○ B.千葉の倍以上、97蔵ある


?日本酒の原酒のアルコール度数はどのくらい?

○ A.約19度~20度      B.約25度~26度


?日本酒の甘さ・辛さを示す指標として、日本酒度があります。これはプラスになるほど甘くなる、辛くなる?

A.+になるほど甘い     ○ B.+になるほど辛い

 ■■■ 改めて言うまでも無いと思いますが、日本酒度はあくまで目安。数値が+10でも、口当たりが甘く感じる日本酒はあります。そのへん、日本酒の不思議でもあり面白いところですね。


?酒造りでは麹(こうじ)が重要な役割を果たしています。では麹が出来るまでに何時間かかる?

A.約28時間        ○ B.約48時間


?精米とはお酒の原料である玄米を磨くこと。精米歩合40%と言えば、100kgの玄米が何kgになるまで磨いた事になる?

○ A.40kg           B.60kg


?玄米を精米歩合70%まで磨くのに、約10時間かかります。それでは精米歩合40%まで磨くには何時間かかる?

A.約24時間        ○ B.約72時間

 ■■■ 精米を行う際に注意するのが、熱を持つ&割れる。そうならないように、3昼夜もかけてゆっくりゆっくり磨かれます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆







       うーーん。






          それにしても、、、












            クイズはブログの更新が楽でいいなぁ   (笑) 













2008.01.04

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。





さて、正月と言えば御節ですね。

p1020308.jpg


p1020309.jpg


p1020310.jpg


千倉の浜之郷さんの御節です。




板さんと親しくさせてもらっているので、毎年お願いしています。



こっちではあんまりポピュラーではないようですが、京都では棒鱈がないと新年を迎えられません。


ゆっくりいただこうと思います。










お店は2日から営業しております。


これからも精進していきたいと思いますのでよろしくお願いします。










Posted at 06:16 | 未分類 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。