--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.02.20

藤平酒造さん 「花」 仕込み

花の仕込みに行ってきました!

今日は珍しく長いです。
読みづらいかも・・・。

数日前に福祝さんから連絡があり、20日に花の仕込み入ります、との事。
朝から野村屋、酒井屋、和泉屋の3店舗で行ってきました。

8時前に到着すると、お米が蒸しあがる直前。
p1000163.jpg

蒸しあがると同時にまずは麹米を麹室に引き込むところから。
麹室の手前で荒熱を取り、麹室へ。
床(とこ)に広げ、ひたすら塊をばらけさせます。
きちんとしておかないと、後から温度ムラができるんで大事な作業です。
それが終わると釜から蒸米を掘り出し、放冷機へ投入。
ここもとにかく塊をほぐしていきます。
p1000169.jpg

中腰が続くんで見た目以上に辛い作業。
僕はもちろん、他のお三方もやはり腰痛持ち(職業病?)。
グッとがまんがまん。
中吟の掛け米とのことで、ほぐしてからタンクへ投入します。
この作業が終わって、10時過ぎ。

一服してから今度は洗米。
ここで吟醸用の洗米機が登場。
p1000177.jpg

僕も見るのは初めて。
静岡の蔵元さんが開発したということで見てみると青島酒造さん。
喜久酔を醸したはる蔵元さんやと記憶してます。

写真ではわかりませんが、ザルがかなりのスピードでグルングルン回転します。
水を上から大量にかけて、洗い流します。
びっくりですね。
僕もやらせてもらいました。
p1000181.jpg

なんや平衡感覚が無くなってしまい、自分が揺れているみたい・・・。

お昼からは麹室で作業。
水分が含まれているとどうしても固まってしまうので、それをほぐし、麹を振れる温度まで下げます。
32℃まで下がった段階で麹を振ります。
p1000194.jpg

p1000197.jpg

麹を振っては全体を撹拌し、また振ります。
3度繰り返して、温度が31℃まで下がるのを確認し、岩山のように固めます。
p1000201.jpg

言葉にするとあっさりしてますが、1時間ちょいかけてやってます。
そのほとんどが中腰。
キツイです・・・。
麹室は気温が33℃ほど。
上半身裸でやってたんですが、汗もけっこうかきます。

その後は洗い仕事をして、作業終了。
3時くらいまでやってました。

これから3~4週間かけて、お酒になっていきます。
今日はかなり疲れましたが、楽しみです。
さてさて、狙うとおりのお酒になってくれるかどうか・・・。


スポンサーサイト

Posted at 20:01 | 蔵見学 |
2007.02.18

リブロスさん 2月ワイン会

ずっとほったらかしたまんまでえらいすみません。
適当ブログやと了解いただければと・・・。

昨日の夜、リブロスさんでワイン会がありました。
僕も久しぶりの参加。
今回のテーマは身近なお店で買えるワイン、ということでうちの店のも赤白各1種類入っています。

銘柄だけざっと挙げるとこの6種類。
(○=白ワイン  ●=赤ワイン)
○コレチオーネ・マルチェジーニ ソアヴェ 2005
○パヌール シャルドネ 2006
○エステザルグ テラ・ヴィティス コート・デュ・ローヌ・ブラン 2005
●35パラレロ ネロ・ダーヴォラ 2004
●イゲルエラ 2005
●サンコム コート・デュ・ローヌ 2005
img20070218.jpg

このブログでも何度か触れているように、僕はワインの良し悪しがわからないもんで簡単な感想にしか過ぎませんが、エステザルグの常温がなかなか良かったです。
最初、冷たい状態で飲んでいたときは渋さ、重たさも感じたんですが、温度が上がるにつれて丸みを帯びてきて美味しくなっていきました。
img20070218_1.jpg

お料理も美味しいです。
意外な出会いなんかもあったりして、なかなか楽しく飲めました。




2007.02.11

畑酒造さん 蔵見学

お昼前に畑酒造さんに到着。

畑酒造さんではもう早や、4日ごろには甑倒しをむかえます。
甑倒しとは実質的に造りを終えること。
もちろんタンク内での醗酵及び、火入れ、瓶詰めなど作業自体はたくさんありますが、仕込み作業が終了するので、ようやく一息つける段階です。

今季の造りの具合を訊きながら、早速試飲。
JGの仕込みタンク違い2種。
そして酵母違い1種。
吟醸。
そして発売されたばかりの純米と純吟のうすにごり。
計6種類をききました。
daijiro2.jpg

特に良かったのは純米のうすにごり。
大治郎さんらしいパワフルな旨みが濃縮されていてガツンときます。
これ、もうすでに四合瓶で入荷済みです。
ぜひ試してください。

『蔵人-クロード-』を連載中の尾瀬あきらさんが、このお正月に来られたということで、こんなものもありました。
daijiro3.jpg


そして蔵の中を。
タンク内はもちろんもろみが醗酵途中。
旺盛に泡を立てていたのは純米大吟醸のもろみ。
daijiro1.jpg

順調に醗酵していっているようです。

一通り見せていただき、お酒に限らず話しをさせてもらい、蔵を後にしました。
今回は日程の問題もあり見学させてもらうだけだったんですが、来季は仕込みのお手伝いなんかもさせてもらいたいなぁと思いつつ・・・。

大治郎の取り扱いをさせてもらって、もうじき一年。
これからも気合入れて売っていこうと決意です。



Posted at 21:30 | 蔵見学 |
2007.02.03

しばしお待ちを

一昨日は久保本家酒造さんに着いてから、蔵元、杜氏、蔵人さんたちに囲まれての宴会。
そして昨日は早朝4時から仕込みを開始。
仕込み、楷入れ、麹造りなどいろいろな体験をさせてもらったんですが、あまりに多くの事柄なもんで、ちょっと携帯からではとても書ききれません。
てなわけで、更新は房総に戻ってからじっくりします。
5日に帰る予定ですんで、しばしお待ち下さいな。

Posted at 17:16 | 蔵見学 |
2007.02.02

携帯から簡単にですが

昨日の報告を簡単に。
11時頃に畑酒造さんとこに着き、大治郎さんといろいろ話さしてもらいました。
今年は米の具合があまりよくなくて、苦労したそうです。
でも苦労した分、お酒は良いものになったとの事。
試飲もさしてもらったんですが、純米のうすにごりがパワフルでむちゃくちゃ旨い!
純米と純吟のうすにごりを720mlで注文してきました。
今日明日に着くのではないかと思います。

夕方に久保本家酒造さんに移動したんですが、また追って報告します。

Posted at 12:48 | 蔵見学 |
2007.02.01

雪が少ないかな?

img20070201.jpg
近江八幡に向かう新幹線の車中からたった今、撮りました。
この姿が見たいんで、帰郷する時は必ず窓側を予約します。

Posted at 08:21 | 蔵見学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。