--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.09.29

遅まきながら

もうすっかり秋、と言いたくなるような朝晩の涼しさになってきましたが、僕は遅まきながら今日から夏休み。
ちょっと山口まで行ってきます。
錦帯橋からカルストあたりまでをまわってくる予定。

萩のあたりも行きたいなぁと思ってるんですが、時間の余裕があればというところ。
ほんま言うと萩焼のお猪口とか徳利とか、ええのんがあればと思ってるんですが、まぁ家族旅行ですんである程度限られそう。
あ、酒蔵見学もしてくる予定です(笑)。

ではでは、行ってきます。

スポンサーサイト

Posted at 22:28 | 未分類 |
2006.09.27

秋櫻、再入荷!

先日お伝えした、富久長さんのひやおろし「秋櫻」。

僕はすぐに買って帰って飲んだんですが、これぞ「ひやおろし」といえる統一感。
トータルバランスがとても良いです。
お酒に丸みが出て、それでいて、もたつかない。
抜群に旨いです。

僕は吟醸系のお酒はそれほど好みではないんですが、この「秋櫻」はオススメできます。
来店されるお客さんお客さんに薦めていたらすぐに無くなってしまったんで、再入荷しました。
4合瓶も取りましたんで、よろしくです!!


2006.09.26

ワイン会(地中海沿岸)

先週土曜日はリブロスさんでのワイン会でした。

テーマは地中海沿岸のワイン。
フランス、イタリアはもちろん、モロッコやチュニジアのワインも。

僕はやはり白が好み。
ディー・エー・ソーヴィニヨン・ブラン2004(フランス・ラングドッグ)
がトータルバランスも良くて美味しかったです。

赤の方では
レヌ・ディドン ピノ・ノワール2003(チュニジア・モルナグ)
が渋さも軽めで飲みやすかった。

けど赤ワインの渋さや苦さってのはなかなか好きになれそうにありません。
これをわからないと赤ワインの美味しさを理解できないんでしょうが・・・。

日本酒では苦味なんかは特にマイナス評価ですからねぇ。
日本酒とワインの判断基準を同一視することに問題があるとはわかってるんですが、やっぱり苦手なものは苦手なもので。

ちなみに日本酒で渋さの方は、物によってはプラス評価。
渋いって事は熟成に耐える、燗あがりするからです。
「初霞 生もと純米」なんかは常温では渋さが目立ちますが、お燗にするとすばらしい統一感を見せてくれます。

来月のリブロスさんでの日本酒会。
「初霞 生もと純米」のお燗を最後に提供することは決めていますが、他はまだ未定。
日本酒が好きな人も苦手な人も楽しめるように考えてます。


2006.09.20

検問

一日に二回更新するのは初めてですね。
とはいえ、先ほどのは携帯からですが・・・。

仕事を終えて帰る途中、検問がありました。
夜7時過ぎの検問。
マイクみたいなのを差し出されて、「フーっと息をかけてください」との事。
もちろんアルコールの一斉検問でした。

ちなみに今日、僕は昼1時過ぎにワインの試飲をしてました。
試飲といっても、酒屋にとっての試飲は飲むものではありません。
舌にのせるだけで、全て吐き出します。

それも今日は1杯だけ。
以前からどの程度飲めば検出されるのか気になっていたのですが、この程度の試飲では出ないようです。
しかしこれがもし試飲、10分後だったらどうだったのか。
気になるところです。


Posted at 22:04 | 未分類 |
2006.09.20

ひやおろし

06-09-20_16-45.jpg
富久長さんからひやおろしが届いてます。
吟醸で2310円という破格の値段。
僕は早速今日買って帰って、飲んでみる予定です。

2006.09.19

でっかいわ

こっちのほうでは冬瓜というやつはあんまり食べないようですね。
僕はもともと京都にいてたんで、この時期には必ず食卓に並んでました。

お店の関係の方からもらったのがこちら。

img20060919.jpg


ちょっと縦の長さがわかりづらいですが、40cmくらい(!)あります。
隣は僕が愛用している片口とお猪口。
大きさが少しはわかりますかね?

さっそく今日、半分ほどを使って冬瓜と鶏そぼろの炊いたんを。
半分とはいえすごい量で、カレーなんかを作るお鍋に一杯になりました。
自画自賛やないですが、やっぱり美味しい。
こんなに美味しいのになんで食べないんか不思議ですね。


Posted at 21:03 | 未分類 |
2006.09.15

行ってきました。

報告が遅れましたが、燗酒楽園に行ってきました。

先日書いたように40ほどの蔵元が参加。
参加者はおよそ300名強だったようです。

提供されるお酒は全て燗酒。
もちろん純米酒ばかりで、中には純米大吟醸の4年古酒など貴重なお酒も飲めました。
どれもほんとに美味しくて、杯が進む進む。
羽前白梅や鷹勇、秋鹿が印象的でした。

残念だったのはやはり上原先生のお話が聞けなかったこと。
こればかりはどうしようもありませんが、上原先生あっての蔵元交流会、燗酒楽園であっただけに、残念でした。
(上原先生は今年の5月に他界されました。)

最終的に30ほどの蔵元さんのお酒を飲ませてもらいました。
後になって考えてみると、一つの蔵元さんで仮に30ml飲ませてもらっただけでも、30ml×30=900ml(5合)。
けっこうな量飲んだことになりますねぇ (^_^;)
慣れない東京だけに帰りが心配でしたが、なんとか帰ってこれました。

「酒は純米。燗ならなお良し」
この南房総でも頑張って広めていかなあかんなぁと決意です。


2006.09.09

燗酒楽園に行ってきます

明日は試飲会があるので東京に行ってきます。
試飲会、と言えば聞こえは良いですが、おそらくは飲み会と言った方が正しいかもしれません。
名前からして燗酒楽園ですんで。


純米酒にとことんこだわる蔵元交流会が主催です。
蔵元交流会、燗酒楽園、ともに初めて聞いたという方が圧倒的だと思うので、リンクはっておきます。
詳細はこちら


ちなみに、「大治郎」を醸す畑酒造さん。
「初霞」を醸す久保本家酒造さん。
どちらも交流会に入られてます。
明日は久保本家さんはお見えになるようです。

明日の参加蔵元は下記の通り。
 秋鹿  旭菊  いづみ橋  天穏   鷹勇  銀嶺月山  力士  鉾杉
 扶桑鶴  鯉川  國暉  杉錦  奥能登の白菊  大七  天遊琳  竹鶴
 竹泉  千代むすび   成政  花垣  宝寿  萩の鶴  羽前白梅  北の庄
 分福  真稜  御代桜  るみ子の酒  独楽蔵   片野桜  来福  石鎚
 篠峯   睡龍  蓬莱  月の井  田从  まんさくの花  七本鎗  黄金澤

太字は僕が気になっている銘柄です(久保本家さんのぞく)。

僕も初めての参加なんでどんな感じになるのかわかりません。
楽しみです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。