--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.11.27

風力発電について その8

日本最大級となる風車の建設予定地から、1km圏内。
特に騒音による健康被害が懸念されます。
その圏内に、小学校も幼稚園もある。

そんな計画を許していいですか?

千倉町の風力発電問題について久方ぶりの続報です。
・千倉の風力発電について、ここまでの経緯(当ブログ内)。
http://nomurayasake.blog74.fc2.com/blog-category-2.html





えぇっとですね、風力発電の問題。
その過程については伝えてきたとおりです。
そんなわけで、僕の中ではある程度の決着を見た問題かな、という認識でした。

でもどうやらそうでは無いらしい。


・こちら、考える会のHP内、チラシ「千倉の風 VOL.2」
http://chikurawind.web.fc2.com/Home/chikuranokaze2.html


この中にあるとおり、CEFは千倉町での風力発電所建設の事業計画を継続することを表明しているようです。

いつの間に、って日付を見ると10月19日。
実はもうひと月も前に表明していたんですねぇ・・・。
全然知らなんだ。

まぁなんにせよ長期的に考えておくほうが良さそう。


ただこれからの動きとしては、チラシ「千倉の風 VOL.2」にもあるように千倉の未来を見ながらの活動が重要な印象。
毎度毎度、反対運動を続けるってのは生産的ではないですし。
それよりは千倉町として、南房総市として、この土地に合った形での自然エネルギーの供給について考えて行動するほうが、よほど楽しい。



まぁそんなわけで、この問題に関してはこれからも動向を注視していく所存であります。



まだ終わった問題ではないこと、お近くの方にお伝え願えればと。





・千倉の風力発電問題を考える会のHP
http://chikurawind.web.fc2.com/Home/Home.html

・千倉の風力発電について、ここまでの経緯(当ブログ内)。
http://nomurayasake.blog74.fc2.com/blog-category-2.html

・ミクシィ内のこの問題に関するコミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4357803

・ウィキペディアに風力発電について長短まとめて詳しく説明されています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/風力発電


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 店舗名 : 野村屋本店
■ 店舗住所 : 〒295-0011 千葉県南房総市千倉町北朝夷212
■ 店舗URL : http://nomuraya.shop-pro.jp/
■ メールアドレス : shop@nomuraya.shop-pro.jp
 (@マークを全角にしていますので、半角に直してください。)
 (もしくは右カラム内にあるメールフォームからどうぞ。)
■ 電話 : 0470-44-0007

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト

2009.09.07

風力発電について その7 同意書が返還されました!

日本最大級となる風車の建設予定地から、1km圏内。
特に騒音による健康被害が懸念されます。
その圏内に、小学校も幼稚園もある。

そんな計画を許していいですか?

千倉町の風力発電問題について続報です。

・千倉の風力発電について、ここまでの経緯(当ブログ内)。
http://nomurayasake.blog74.fc2.com/blog-category-2.html





風力発電の件、大きな変化がありました。


計画を進めるCEFが、土地の所有者から集めていた「林地開発行為同意書」を、「千倉の風力発電問題を考える会」に返還しました!!!



この「林地開発行為同意書」は、風車及び建設に伴う道路などの建設予定地の地権者から集めていたもので、その名の通り、開発にOKを出すものです。

考える会では地権者の方々と返還を求めてきたもので、これが達成されて千倉における風力発電計画の撤退へと大きく近づいたと言えます。



以下、考える会で中心になって活動をしてこられている、みうらしーまるさんのメールの転載です。
*****************************************************************


ついに、やりました!
白間津20名、大川10名、合計30名の地権者の同意書が
ついに帰って参りました!
よっしゃーっ!!!(拍手)

本日9月7日(月)午前10時、
鈴木務代表宅(たばこ屋)にて、
同意撤回書を提出した地権者すべての同意書+印鑑証明書が
CEF千倉の中村氏から、
大川地区のものは鈴木務代表に、
白間津地区のものは斎藤さんに
それぞれ返還されました。
その際、一枚一枚について、
こちらはCEFが用意した受領書にサインをして、
間違いなく地権者に返還することを表明しました。

今後のCEF千倉の事業継続について訪ねたところ、
中村氏の個人的な意見としてですが、
暗い表情で「厳しいです」という言葉が出ました。
彼の発言を鵜呑みにするわけには行きませんが、
同意書を返還したという事実は、
わたしたちにとって、とても大きな成果です。
同時に、CEFにとっては、たいへんな痛手(だと思いたい!)。


*****************************************************************
転載ここまで。



いやぁ、凄い。
考える会の粘り強い活動が実ったと思います。


完全に撤退が決まったわけではないですが、まずはこの成果を喜びたいと思います。




・千倉の風力発電問題を考える会のHP
http://chikurawind.web.fc2.com/Home/Home.html

・千倉の風力発電について、ここまでの経緯(当ブログ内)。
http://nomurayasake.blog74.fc2.com/blog-category-2.html

・ミクシィ内のこの問題に関するコミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4357803

・ウィキペディアに風力発電について長短まとめて詳しく説明されています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/風力発電


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 店舗名 : 野村屋本店
■ 店舗住所 : 〒295-0011 千葉県南房総市千倉町北朝夷212
■ 店舗URL : http://nomuraya.shop-pro.jp/
■ メールアドレス : shop@nomuraya.shop-pro.jp
 (@マークを全角にしていますので、半角に直してください。)
■ 電話 : 0470-44-0007

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009.08.13

風力発電について その6

日本最大級となる風車の建設予定地から、1km圏内。
特に騒音による健康被害が懸念されます。
その圏内に、小学校も幼稚園もある。

そんな計画を許していいですか?

千倉町の風力発電問題について続報です。

・千倉の風力発電について、ここまでの経緯(当ブログ内)。
http://nomurayasake.blog74.fc2.com/blog-category-2.html



先日、この問題について、「計画の中止がほぼ決定」と書きました。
http://nomuraya.blog.drecom.jp/archive/383
しかしどうやらそう簡単にはいかない模様です。


安易に書いてしまい申し訳ありません。 <(_ _)>


この南房総での風力発電の計画。
7月末段階での公募には選ばれませんでしたが、今秋の公募に再度申請を行う可能性があります。
しかも、同じ土地、同じ内容で再申請することが可能とのこと。

それ自体ちょっとどうかと思いますが、ともかく手続きとしては可能なわけで、CEFもその手続きを踏むことが予想されます。

ということで、あくまで予断は許されない状況、とのこと。
考える会の署名運動などは継続して行っていくようです。


・オンライン署名が対応できるようになりました。
http://chikurawind.web.fc2.com/Home/OnlineShomei.html

・できればカンパもよろしくお願いします。
http://chikurawind.web.fc2.com/Home/Fund-raising.html


しかし年2回の公募のたびにビクビクするというのもイヤな話。
南房総市としてきちんと風力発電に対して提言などを出せるようになるのが、一番良いように思いますが・・・。

ま、何にせよ長期的な取り組みとして考えておいたほうが良さそう。


8月3日の記事も、追記という形で修正を入れておく予定です。






・千倉の風力発電問題を考える会のHP
http://chikurawind.web.fc2.com/Home/Home.html

・千倉の風力発電について、ここまでの経緯(当ブログ内)。
http://nomurayasake.blog74.fc2.com/blog-category-2.html

・ミクシィ内のこの問題に関するコミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4357803

・ウィキペディアに風力発電について長短まとめて詳しく説明されています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/風力発電




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 店舗名 : 野村屋本店
■ 店舗住所 : 〒295-0011 千葉県南房総市千倉町北朝夷212
■ 店舗URL : http://nomuraya.shop-pro.jp/
■ メールアドレス : shop@nomuraya.shop-pro.jp
 (@マークを全角にしていますので、半角に直してください。)
■ 電話 : 0470-44-0007

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009.07.31

風力発電について その5

***********************************************************
8月14日追記

下記のように記していますが、訂正があります。

この南房総での風力発電の計画。
7月末段階での公募には選ばれませんでしたが、今秋の公募に再度申請を行う可能性があります。
しかも、同じ土地、同じ内容で再申請することが可能。

ということで、あくまで予断は許されない状況、とのこと。
考える会の署名運動などは継続して行っていくようです。

***********************************************************

日本最大級となる風車の建設予定地から、1km圏内。
特に騒音による健康被害が懸念されます。

その圏内に、小学校も幼稚園もある。


そんな計画を許していいですか?


千倉町の風力発電問題について続報です。

・千倉の風力発電について、ここまでの経緯(当ブログ内)。
http://nomurayasake.blog74.fc2.com/blog-category-2.html






まずはタイトル通り、


計画の中止がほぼ、決定しました!!!




7月31日、新エネルギー導入促進委員会による、今年度の事業者への補助先が発表されました。
http://www.nepc.or.jp/topics/2009/0731_3.html

千倉町はもちろん、平久里も補助先には認定されませんでした。

良かった!!





これ、間違いなく署名の力が大きかったと思います。


「千倉町での風力発電施設建設に反対する署名」

10395人  (7月28日時点)



1万人突破!

すごい、の一言。


中でも風車の建設予定地である白間津は住民の86%、大川は73%が署名に協力いただいたよう。


この署名があったからこそ、補助対象にはならなかったのだと思います。





署名を集めてくださった皆さん、署名をしてくださった一人一人の方。


ありがとうございました!






一点だけ追記。

ほぼ、と書いてますが、現状としては補助対象にならなかったという段階です。

むろん風力発電は、補助金ありきの施設。
補助金無しには採算が取れません。

なのでまず間違いなく撤退の運びとなると思いますが、まだCEFから公式の表明があったわけではありません。

CEFからの表明を確認して、またこのブログでもお伝えできればと思います。




最後にもう一度、この問題に興味を持ってくれた全ての皆さん、ありがとうございました!!





・千倉の風力発電問題を考える会のHP
http://chikurawind.web.fc2.com/Home/Home.html


・千倉の風力発電について、ここまでの経緯(当ブログ内)。
http://nomurayasake.blog74.fc2.com/blog-category-2.html


・ミクシィ内のこの問題に関するコミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4357803


・ウィキペディアに風力発電について長短まとめて詳しく説明されています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/風力発電









━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 店舗名 : 野村屋本店
■ 店舗住所 : 〒295-0011 千葉県南房総市千倉町北朝夷212
■ 店舗URL : http://nomuraya.shop-pro.jp/
■ メールアドレス : shop@nomuraya.shop-pro.jp
 (@マークを全角にしていますので、半角に直してください。)
■ 電話 : 0470-44-0007

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009.07.13

風力発電について その4

日本最大級となる風車の建設予定地から、1km圏内。
特に騒音による健康被害が懸念されます。

その圏内に、小学校も幼稚園もある。




そんな計画を許していいですか?







というわけで、風力発電の問題について続報です。

・千倉の風力発電について、ここまでの経緯(当ブログ内)。
http://nomurayasake.blog74.fc2.com/blog-category-2.html









考える会による署名がむちゃくちゃ広がっています。


第一次締め切りの7月10日。
この日でいったん集計作業が行われました。



その結果が・・・




4789人!!






おぉぉぉ。
すごい。


僕も集めていた一人ではありますが、これほどまでに広がるとは正直思ってませんでした。





この署名は千葉県知事、南房総市長、新エネルギー導入促進協議会へと、それぞれ届けられます。


こういう署名は、「何人集まれば中止になる」といった目安は全くありません。



第二次締め切りは7月26日。

そこまでに更に上乗せしていきたいです。


ご協力をよろしくお願いします!!





・千倉の風力発電問題を考える会のHP(署名用紙もダウンロードできます)
http://chikurawind.web.fc2.com/Home/Home.html


・千倉の風力発電について、ここまでの経緯(当ブログ内)。
http://nomurayasake.blog74.fc2.com/blog-category-2.html


・ミクシィ内のこの問題に関するコミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4357803


・ウィキペディアに風力発電について長短まとめて詳しく説明されています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/風力発電




 

2009.07.02

風力発電について その3

・千倉の風力発電について、ここまでの経緯(当ブログ内)。
http://nomurayasake.blog74.fc2.com/blog-category-2.html



千倉の風力発電の問題。

徐々にですが広がりつつあります。

ただ千倉在住の方でも、そもそもこの事を知らなかったという方が大半。


気づいたらバカデカイ風車が、なんて事にならないように・・・。



問題点の続報。

○ 建設用地

1基あたり、標準的な面積50×20~25m=約300坪強の平坦地を、尾根筋に作ります。
千倉には10基以上の建設が予定されているので、相当な広さの山地を切り拓くことになります。

また基礎工事として、鉄筋コンクリートを何本も地中深く埋め込みます。
島根県の例では、塔の高さが80m(羽根の直径は90m)の風車に対し、直径1.2mの穴を深さ10~36mまで掘って、鉄筋と生コンを流し込む工法が使われました。
千倉に予定される風車は、135mという風車として最大級の大きさです。
それを支えるために必要な深さは?
またこの辺り一帯は地盤が弱く、関東大震災時は各所で地盤の隆起が確認されています。
白浜町の灯台も、「野島」という島だったのが、震災で地盤が隆起。
白浜町と繋がって「野島崎」になりました。

風車を回すことで得られる電力量と、風車を回すために必要な自然破壊。

最近エコという言葉がいろんなところに使われていますが、その意味を考え直す必要はあると思います。

・ウィキペディアのエコロジーのページ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC


○ 資材を搬入する道路の建設

幅5~5.5mの道路が作られます。
風車の資材を搬入するためだけの道路です。
現在のところ2つの案が考えられているようです。
そのうちの一つは長尾川源流が荒らされる可能性が高く、白浜の水道の水質悪化が懸念されます(白浜の取水口の水質は現在のところ際立って綺麗)。

またどちらの案であっても尾根筋に建設されるので、建設後は雨水の谷への流入がこれまで以上に増える事は、想像に難くありません。
水質悪化による、アワビ・伊勢海老などの海産物への影響も心配されます。


○ クリーンエナジーファクトリー

クリーンエナジーファクトリー株式会社が、千倉での風力発電を計画している会社です。
・クリーンエナジーファクトリー株式会社のHP
http://www.cef.co.jp/

福井県では、市町の建設同意を得ないままに、建設費の補助金を申請してニュースになっています。

・風力発電、事業者が国補助申請 市町の建設同意なし「福井新聞」(6月4日午前7時31分)
http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news2/article.php?storyid=7346

こうした事例を先月起こしたばかりの会社自体、どうなのかと思いますが、まずは住民への説明責任を果たしてもらいたいものです。
繰り返しになりますが、風力発電の建設には国から補助金がでる仕組みがあって、その条件の一つに「地域住民の同意を得る」ことが義務づけられています。
しかしながら、実際には地域の方々にはこの様な風車による課題はほとんど伝えられていません。



******************



考える会の反対署名が始まっています。

先ほど挙げた補助金の申請期限が迫っているようです。

そのため、この反対署名もその申請期限に合わせた日程になっています。

皆さんのご協力が欠かせません。

ぜひとも周りの方々に知らせてあげてください。

よろしくお願いします。

・千倉の風力発電問題を考える会のHP(署名用紙もダウンロードできます)
http://chikurawind.web.fc2.com/Home/Home.html


・千倉の風力発電について、ここまでの経緯(当ブログ内)。
http://nomurayasake.blog74.fc2.com/blog-category-2.html


・ミクシィ内のこの問題に関するコミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4357803


・ウィキペディアに風力発電について長短まとめて詳しく説明されています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/風力発電



 

2009.06.26

風力発電について その2

6月20日に取り上げた風力発電についての問題。

有志の方々が作られたチラシがネット上に上がっています。

http://chikurawind.web.fc2.com/Home/Home.html


見てもらえればわかるように、僕が先日つらつらと書いたようなことが一目でわかりやすくまとめてあります。


PDFファイルでダウンロードもできるとの事。


周りの方々にぜひ知らせてあげてください。



よろしくです。

2009.06.19

風力発電について考えませんか?

千倉町に、電力発電のための風車を10基建てる計画が進んでいるようです。


電力発電のための風車というと聞こえは良く、実際クリーンエネルギーとして捉えてらっしゃる方も大勢おられると思います。



かく言う僕も、その一人でした。

千倉にしても、僕が住む白浜にしても、風はハンパじゃないだけにこれが利用できれば良いのにと。



しかし話を聞くにつけて、どうやら事は簡単ではないという事がわかってきました。



以下、問題点を書き連ねていますが、大事な事やと思うんで最後までお付き合いくださればと。




◆ 騒音

モーター音、風切り音など耳に聞こえる音が24時間鳴り響くことになります。
これは通常、200~300m離れれば、冷蔵庫程度の騒音にまで緩和されます。

さらに問題となるのが、聴こえにくい音、あるいは聴こえない音(低周波音・超低周波音)です。
この低周波音は人には聴きづらい、または聴こえませんが、「遠方まで届く」「壁を突き抜ける」「低いほうに流れ、スミを漂う性質」などの特徴があります。
それによって「眠れない」「身体が揺れている感覚が続く」「血圧が上がる」などの症状が、すでに風車が建設されている場所で起きています。
この症状は人によって異なりますが、風車から3km程度の範囲内で起こっています。
千倉の建設予定地から3km以内の地区は、北は千倉町の忽戸・岡瀬田から、南は白浜町の下沢、さらに館山市の畑も含まれることになります。


◆ 耐用年数

風車は耐用年数が17年だそうです。
これを長いと思うか短いと思うかは人によって違うと思います。
ただ問題となるのは、風車の素材はリサイクルできないそうです。
現在のところはゴミとして焼却するしかないわけで、これが果たしてエコとつながるのかというのは考えるべきだと思います。


◆ 景観への影響

今回千倉町に計画されている風車は高さが135mと、風車の中でも最大級の大きさを誇るものです(日本最大の観覧車が高さ120m前後)。
そして風車の設置場所はより効率的に風を受けるために、必ず尾根筋に設置されます。
千倉の花畑から山を見ると、とんでもなく大きな10基の風車が回っているというのは少々異様な光景に思えます。


◆ 自然への影響

高さが135m、羽の長さが約50mのものを尾根筋に運ぶために、新たに幅の広い道路を作ることになります。
また建設予定地は白浜を流れる長尾川の上流にあたり、工事に伴う土砂の流入が考えられます。
完成後も川に流れ込む水量の変化が予想され、アワビやイセエビなどの海産物への影響が心配されます。
他にもバードストライクと呼ばれる野鳥が風車にぶつかって死ぬ例が、各地で出ています(野鳥は視力が人間ほど良くない)。


◆ 千倉町のイメージアップに繋がるのか

これは一企業の事業として行われるもので、市町村が行うものではありません。
企業は得られた電力を東電に売却するわけであって、その電力の行き先はわかりません。
風車を回しているからと言って、千倉町や南房総市がエコロジーに取り組んでいる証にはなりません。
風車が並んでいるのを見て「この町はクリーンエネルギーを実践していて偉いなぁ」と思う3~4日前の僕のような存在に対しても、説明がつかない事だと思います。





このほかにも、費用の問題や、安定した電力供給ではない点など、風力発電には多くの問題が伴うことがはっきりしています。

これほど問題が多いとは露ほどにも知らず、なんとなくクリーンなイメージを持っていたというのは恥ずかしい限りでした。




最後に一番の問題として、この風力発電の計画をほとんどの方が知らない、知らされていないというのが、大きな問題だと思います。



僕自身もつい3~4日前に知ったばかりです。


風力発電の建設には国から補助金がでる仕組みがあって、その条件の一つに「地域住民の同意を得る」ことが義務づけられています。
しかしながら、実際には地域の方々にはこの様な風車による課題はほとんど伝えられていません。
同じ町内でありながら、風車が立つ計画があることすら知らない人の方が多いと思います。


このブログを読まれた方、千倉町内外に関わらずぜひとも周りの方に知らせていただければと思います。

まずは知らないことには是非とも言えないハズ。




このブログでも、新しい情報が入ればできる限りアップして行こうと思います。

ミクシィの会員の方は、下記のコミュニティを見ていただければ流れがわかると思います。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4357803





最後に、上記は風力発電の問題ばかりをあげつらいましたが、そうした問題点をクリアしていけるのであれば、一つのエネルギー供給の形としてメリットもあると思います。

ウィキペディアの風力発電のページに、詳しくまとめてありますので、気になった方はご参照いただければと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/風力発電





よろしくお願いします。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。